Biopalette Biopalette
Genome Editing x Microbiome

Partner with us
戦略的パートナー募集

Microbiome Therapeutics パートナー募集

Seeking partners in the field of microbiome therapeutics

戦略的パートナー募集 Seeking partners in the field of microbiome therapeutics

バイオパレットは、「ゲノム編集」×「マイクロバイオーム」によって革新的な疾患治療を実現するための戦略的パートナーを募集します。

バイオパレットは、ゲノム編集によって育種した細菌を活用してマイクロバイオームの改変・制御を実現し、マイクロバイオーム・セラピューティクスにおける世界のリーディングカンパニーとなることを目指しています。

その基盤となる技術が、神戸大学が独自に開発した切らないゲノム編集®(塩基編集)です。このDNA二本鎖の切断を伴わないマイルドな遺伝子編集を可能とする塩基編集は、細菌の育種に非常に適した技術であり、マイクロバイオーム・エンジニアリングの手法として、塩基編集が大きな力を発揮すると考えています。

バイオパレットは、マイクロバイオーム・セラピューティクスにおける塩基編集の利用において、具体的なニーズ・アイデアを有する企業とのパートナーシップを求めています。

Bio Palette is seeking strategic partners to create groundbreaking therapies for diseases through a combination of genome editing and microbiomes.

Bio Palette aims to become a world-leading company in microbiome therapeutics by using bacteria cultivated by genome editing to modify and control microbiomes. The underlying technology we use is genome editing without cutting (base editing), a proprietary “Non-Cutting” genome editing technology (Japanese registered trademark “Kiranai Genome Henshu®”) developed by Kobe University. Base editing, which enables mild gene editing that does not involve cleavage of the DNA double strand, is a technology that is extremely well suited to cultivating bacteria. We believe that base editing can also be a very powerful means of performing microbiome engineering. Bio Palette is looking for partnerships with companies that have specific needs or ideas for the use of base editing in microbiome therapeutics.

Technologies
独自の技術

Target-AID®、Target-G®技術概要

Proprietary technology

Technologies 独自の技術

バイオパレットのコア技術は、DNAを切断しない新しいゲノム編集(切らないゲノム編集®)です。これは、CRISPR/Cas9に代表される従来のゲノム編集がヌクレアーゼによるDNA二本鎖の切断を前提としているのに対して、切らないゲノム編集®は塩基の変換を誘導する酵素(塩基変換酵素)により点変異を導入する技術です。

より具体的には、CRISPRシステムのCas9タンパク質が有するヌクレアーゼ活性を不活性化し(dCas9またはnCas9)、塩基変換酵素と複合体を形成させることで、配列特異的にDNA上の特定領域に塩基変換酵素を作用させて点変異を導入するもので、この技術は一般的には塩基編集と呼ばれるようになってきています。バイオパレットでは、塩基変換酵素の種類により、Target-AID®およびTarget-G®という2種類の塩基編集技術を有しています。

Bio Palette’s core technology is a new type of genome editing that does not involve DNA cleavage (“Non-Cutting” genome editing). While conventional genome editing using techniques such as CRISPR/Cas9 requires the DNA double strand to be cleaved with nuclease, “Non-Cutting” genome editing introduces point mutations using enzymes that induce base conversion (base converting enzymes). More specifically, by inactivating the nuclease activity of the Cas9 protein in the CRISPR system (dCas9 or nCas9) and forming a complex with a base converting enzyme, it introduces point mutations by causing base converting enzyme to act on a specific DNA region in a sequence-specific manner. This technology has become generally known as base editing. Bio Palette has two types of base editing technology, Target-AID® and Target-G®, each using a different type of base converting enzyme.

Business
事業分野

バイオパレットは、ゲノム編集の対象となる細胞の種類により分類した3つの分野で事業を展開します。

Bio Palette plans to develop our business in three fields, classified based on the type of cells targeted for genome editing.

About Us
会社概要

会社概要

社名 株式会社バイオパレット(Bio Palette Co., Ltd.)
本社 〒657-0013
兵庫県神戸市灘区六甲台町1-1
神戸R&Dセンター 〒650-0047
兵庫県神戸市中央区港島南町6-3-5
資本金(資本準備金) 276,067,324円(273,267,324円)
設立年月日 2017年2月21日
役員
代表取締役
取締役
近藤 昭彦(神戸大学大学院 教授)
取締役
西田 敬二(神戸大学大学院 教授)
取締役
山本 一彦(神戸大学大学院 教授)
取締役
デービッド・ミルスタイン(Eight Roads Ventures Japan 代表)
取締役
スティーヴン・ナイト(F-Prime Capital Partners, President & Managing Partner)
監査役
高畑 豪太郎(弁護士法人御堂筋法律事務所 パートナー)

Company Profile

Company Name Bio Palette Co., Ltd.
Head Office 1-1 Rokkodai-cho Nada-ku, Kobe 657-0013 Japan
Kobe R&D Center 6-3-5 Minatojima-Minamimachi Chuo-ku, Kobe 657-0047 Japan
Capital (Capital Reserve) JPY 276,067,324 (JPY 273,267,324)
Establishment February 21, 2017
Board Members
Representative Director
Director
Prof. Akihiko Kondo (Kobe University)
Director
Prof. Keiji Nishida (Kobe University)
Director
Prof. Kazuhiko Yamamoto (Kobe University)
Director
Mr. David Milstein (Head of Japan, Eight Roads Ventures Japan)
Director
Dr. Stephen C. Knight (F-Prime Capital Partners, President & Managing Partner)
Auditor
Mr. Gotaro Takahata (Partner, Midosuji Legal Profession Corporation)

News
新着情報

Oct 4, 2019 News Fundamental Patent related to Base Editing Granted in Europe
2019.10.04 News 当社の塩基編集に関する基本特許が欧州で成立しました。
2019.05.31 News Beam Therapeutics社と塩基編集技術(ゲノム編集技術)に関する独占的クロスライセンス契約を締結しました。
May 31, 2019 News Beam Therapeutics and Bio Palette Announce Exclusive License Agreements for Base Editing Technologies
2017.07.15 News 国立大学法人神戸大学 第26回 学長定例記者会見リリース「シードラウンドの資金調達実施について」を掲載しました。

Contact
お問合せ

お名前※
会社名
メール※
メール(確認)※
内容※
Name*
Company
Email*
Email (re-enter)*
Inquiry*
I agree to the privacy policy
パートナーシップの問合せPartnering Request