BUSINESS
事業分野

バイオパレットは、ゲノム編集の対象となる細胞の種類により分類した3つの分野で事業を展開します。

Bio Palette plans to develop our business in three fields, classified based on the type of cells targeted for genome editing.

マイクローブ(微生物が対象)

マイクロバイオーム

ヒトの体に存在する細菌は約100兆個であり、ヒトの細胞の3倍以上です。そして、体の中に存在する細菌の状態がヒトの健康状態や様々な疾患と深く関連していることが分かってきています。細菌をコントロールすることでヒトの健康状態の改善に大きく寄与できると考えられることから、マイクロバイオーム・エンジニアリングは次世代ヘルスケアとして大きな注目を集めています。
マイクロバイオーム・エンジニアリングの手法としては、従来は低分子・ペプチドの投与、または、有用な細菌を単離してプロバイオティクスや細菌製剤として投与することが行われてきました。近年では、より積極的なエンジニアリング手法として、細菌を遺伝子改変することが試みられています。

バイオパレットでは、塩基編集を活用してマイクロバイオームを構成する細菌を遺伝子改変し、細菌製剤として投与するマイクロバイオーム・セラピューティクスを目指しています。「塩基編集による細菌の育種・改変」を独自のプラットフォームとして、機能性細菌のデザイン・創出を行います。外来遺伝子を挿入しない塩基編集によって、例えば次のような細菌育種が考えられます。

  • 体に良い影響を与えている細菌をより強力に(特定物質の生産量向上)、体に悪い影響を与えている細菌を弱力に(特定遺伝子のノックアウト)する。
  • 免疫系に作用する細菌を育種する。
  • 細菌のマイクロバイオームへの定着性を改善する。

バイオパレットでは、塩基編集によるマイクロバイオーム・セラピューティクスにおいて、具体的なニーズ・アイデアを有する企業とのパートナーシップにより、マイクロバイオーム・セラピューティクス分野での事業開発を推進していきます。

インダストリアル・バイオ

ホワイトバイオとも呼ばれるインダストリアル・バイオ分野は、ゲノム編集を含む合成生物学の発展により大きな成長が見込まれる分野です。微生物を利用した物質生産は、燃料、化学品、医薬品、素材、食品など、あらゆる産業に大きな影響を及ぼすと考えられます。

バイオパレットでは、「塩基編集による微生物の育種・改変」をコア技術として、インダストリアル・バイオ分野での事業展開の可能性を探っていきます。

Microbes (targeting microorganisms)

Microbiomes

The number of bacteria in the human body is approximately 100 trillion, more than 3 times the number of human cells, and it has become apparent that the state of the bacteria in the human body is closely related to human health and various diseases. Since controlling bacteria is likely to contribute greatly to human health, microbiome engineering is attracting attention as a next-generation healthcare technology. Microbiome engineering has conventionally been performed by administering low-molecular-weight compounds or peptides, or by isolating useful bacteria and administering them as probiotics or bacterial formulations. In recent years, attempts have been made to use genetic modification of bacteria as a more aggressive method of engineering.

Bio Palette aims to use base editing to genetically modify the bacteria making up the microbiome, to produce microbiome therapeutics administered as bacterial formulations. We are conducting design and creation of functional bacteria as a proprietary platform for cultivation and modification of bacteria by base editing. Examples of cultivating bacteria using base editing without the insertion of exogenous genes include the following.

  • Making bacteria that have a beneficial effect on the body more powerful (increasing production of specific substances) or weakening bacteria that have a deleterious effect on the body (knocking out specific genes).
  • Cultivating bacteria with actions on the immune system.
  • Improving the ability of bacteria to colonize the microbiome.

Bio Palette is pursuing development of its business in the field of microbiome therapeutics through partnerships with companies with specific needs or ideas for using microbiome therapeutics by base editing.

Industrial biotechnology

The field of industrial biotechnology, also known as white biotechnology, is expected to show major growth with the development of synthetic biology, including genome editing. Production of substances using microorganisms is likely to have a major impact on all areas of industry, including fuels, chemicals, drugs, materials and foods.

Bio Palette is searching for possible ways to develop its business in the field of industrial biotechnology, using its core technology of cultivation and modification of microorganism by base editing.

セラピューティクス(ヒト細胞が対象)

精密・正確な遺伝子編集を実現する塩基編集(Target-AID®)は、Human Therapeutics分野における応用が期待されています。塩基編集を利用すれば、遺伝子破壊のみならず、DNA断片の挿入を伴わずに遺伝子修復が原理的に可能です。遺伝性疾患には、一塩基変異が原因となっている疾患が多数存在します。塩基編集は、それらの遺伝性疾患の治療において画期的な治療法を提供できる可能性を秘めています。

バイオパレットでは、Microbiome Therapeuticsを除くHuman Therapeutics分野は、バイオパレットの有する技術をBeam Therapeuticsへ独占的にライセンスアウトすることで、Beam Therapeuticsをグローバル・パートナーとして事業展開を図っています。日本での事業展開においては、Beam Therapeuticsとバイオパレットがより密接に連携して事業展開を行います。

Therapeutics (targeting human cells)

Base editing that allows precise and accurate gene editing (Target-AID®) is expected to have applications in the field of human therapeutics. In principle, the use of base editing can make it possible to repair genes without gene ablation, and without even inserting DNA fragments. Many genetic diseases are caused by mutation of a single base. Base editing has the potential to provide groundbreaking therapies for the treatment of these genetic diseases.

By exclusively licensing out our technology to Beam Therapeutics for the field of human therapeutics excluding microbiome therapeutics, Bio Palette plans to develop its business with Beam Therapeutics as a global partner. In Japan, Beam Therapeutics and Bio Palette will coordinate closely on developing their businesses.

アグリカルチャー(植物細胞が対象)

塩基編集を作物育種に利用することで、従来の遺伝子組換え技術で行われてきたように穀物に有用形質を付与して効率的農業生産に寄与することの他、野菜や果物などにおいて特定の成分量を調整することで、栄養価の向上、アレルゲンの低減、保存性の改善など、消費者に直接的なメリットを提供する作物を創出することが期待できます。特に、バイオパレットの技術であるTarget-G®による進化工学的な育種とTarget-AID®による精密な点変異導入の組み合わせは、効率的な植物育種を実現するための強力なツールとなります。

Agriculture (targeting plant cells)

In addition to contributing to efficient agricultural production by adding useful traits to grain, as has been done with conventional genetic modification, using base editing to cultivate crops is expected to create crops that provide direct advantages to consumers, such as increased nutritional value, reduced allergen levels and improved preservative properties, by adjusting the quantities of ingredients in produce such as fruit and vegetables. In particular, a combination of cultivation by evolutionary engineering using Bio Palette’s technology Target-G® and introduction of precise point mutations using Bio Palette’s technology Target-AID® will be a powerful tool for enabling efficient plant cultivation.

パートナーシップの問合せPartnering Request